バラのパーティー【RAMU】


『バラのパーティー🌹』にお招きいただきいただいた時のお話
…もう、このネーミングからしてワクワクせずにはいられません

 

バラが咲き誇るこの季節、子どもたちが「バラの精」と対話をしているんです
「バラの精」が15人見える子もいれば、全く見えない子もいて…
それでもみんなこの世界観を存分に味わい、お手紙のやりとりをしたり、羽を付けて一緒に踊ったり…
その集大成が、子どもが主体となった歌って踊る楽しい『バラのパーティー🌹』です

子どもたちって、なんて素敵な感性をしているんでしょう
そして、盛り上げの黒子は、やっぱりこちらの幼稚園先生方でした
「ねらい」「指導力」があってこそ…、保育の奥深さを感じました

キッズプランナー RAMU