おりがみツリー【RAMU】


メリークリスマス

全国から小児がんや難病の子どもたちが集まる「国立成育医療研究センター」に遊びに行ってきました
主に外来患者さんとの”音楽と遊びの時間”をいただきました
今年も、オレンジ色のエプロンを着用したボランティアさんの想いとサポートあって、
とても心地の良いゆったりした時間が流れていました

私が「国立成育医療研究センター」と出会ったのは、10年以上も前のこと

入院中の子どもたちが、サマーキャンプでコンサートに遊びに来てくれたことがありました
TVでお馴染みのキャラクターが出てきて、”リアルに会話が出来る”という、超ハッピーなハイテクなイベント
実は、その技法は子どもたちが楽しく治療が受けられるようにと、ドクターが「問診や治療に取り入れていた」と後から知りました

外にも出られず退屈な入院生活、治療には恐怖や不安が伴うことも多々ある中、こうした工夫が沢山なされています

この【おりがみツリー】もドクターの発案なんだそうです

5千枚の折り紙で作られた、高さ7メートルの【おりがみツリー】
力が湧いてきます…
私たちも心から願いを込めて…ステキなクリスマスを

キッズプランナー RAMU