体験からの学び 【YURI】


秋の行楽シーズン

5歳の娘と健康的に公園遊びをしました。
誰もが一度は体験したであろう「ぽっくり」に娘も夢中
始めは手と足をどのように動かしたらよいのか悩みますが
子どもの感覚は鋭いです
あっという間に乗りこなすことができました

家に帰っても楽しさが忘れられず、家で「ぽっくり」を作ることに。

子どもなりに考えて用意した材料をみると
「ミシン糸」「段ボール」

ミシン糸では強度が・・・と思うものの、子どもはまだ知らないだけ。
1つ1つ体験することで最終はビニールテープになりました。

途中、あきらめの気持ちも出ましたが「もう一度やりたい思い」を燃やし
ついに出来上がり
まだまだ未知のことが多い子ども。
体験がすべてです。
キッズプランナーのコンサート、講習会は
「自ら体験すること」を大切に作り上げています

ママプランナー YURI