造形あそび 【YURI】


今回の保育士講座養成科の保育実習理論のテーマは「造形表現」

子どもの頃に戻って造形を楽しもうという事で
絵の具やクレヨン、色鉛筆に糸やストロー、段ボール、割りばしなどなど
いろんなものを使って技法遊びをしながら絵を描いてみました

その中でも人気だった技法は、
糸に絵の具を付け画用紙の間に挟み、
そして画用紙を上から押さえながら糸の端を引っ張る
「ストリングスデザイン」(糸引き絵とも言います)

糸がずれていろんな模様をつくります。
どんな模様になるかは画用紙を開くまでお楽しみ。
そんなワクワク感も人気の理由なのかもしれません

最後は様々な技法を使って「夏」をテーマに
作品を仕上げました

スタンピングで波を表したり、ドリッピングで空を描いたり、
ペアになって様々なイメージ膨らませていました。

まずは、自分が楽しむ
そして、子どもたちの発達に合わせて様々な提案ができるように
引き出しをたくさん作った1日でした

キッズプランナー YURI