遠足の思い出 【ERI】


すっかり暖かくなり、店には旬野菜が
その中に筍を発見

小さい頃遠足へ出かけた時、
「あれが筍だよ」、先生の指さす方を見ると
大きな竹に囲まれてひょこっと顔を出している筍が

「わ~竹の赤ちゃんだ!」と思ったのを覚えています。
「やわらかい赤ちゃんの時だけ食べられるんだよ」
と教えてもらいました。

遠足をきっかけに、食卓に並ぶ前の食べ物の様子を知り、
「いただきます」「ごちそうさま」とちょっぴり感謝の気持ちが
子どもながらに芽生えていたように思います

実際に体験することで、子どもはいろんなことを瞬時に感じ、学びます

今でも筍のお料理を見ると、一生懸命土から顔を出している
あの姿を思い浮かべます

食育担当 ERI